かねてより「謎の新ID?」と話題になっていた「iモードID」について、やっと DoCoMo から情報が公開されました。


●iモードIDについて
・ iモードをご利用のお客様の携帯電話番号毎に一つ付与されるiモード用のユニークなIDとなります。
・ 携帯電話番号とは異なるランダムな英数字の組み合わせにより構成されています。
(メールアドレス、氏名などのご契約者情報は含まれません)
・ 名義変更、改番、iモード契約の解約によりiモードIDは変更されます。
・ ユーザID、携帯電話及びFOMAカードの製造番号情報とは異なります。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/080228_00.html より。



 ポイントは、ここ。

> ユーザID、携帯電話及びFOMAカードの製造番号情報とは異なります。


 わぁぁぁ!!! 「第3のID」でしたよ!
 

 iモードIDの使用方法は、

●iモードIDの通知について
iモード対応サイトにおいて、アクセス先URL内に予めiモードID用のパラメータを記述しておくことにより、お客様がサイトアクセスした際にiモードIDの通知が行われます。
(注) iメニューサイトはユーザID用のパラメータと両方記述することにより両方の通知が行われます。

 とのことで、もしかしたら uid=NULLGWDOCOMO&iid=ALLGWDOCOMO みたいに指定する形なのでしょうか。(サイト側記述なしで、httpヘッダに付けてほしかった)



■その他
iモード対応サイト様における対応方法に関しては、2008年3月31日(予定)にドコモウェブサイト内iモードコンテンツ制作者向け情報ページ「作ろうiモードコンテンツ」内に掲載をいたします。

 ・・・遅いよっ! 初日対応したいのに、機能が提供されてから使い方を公開するというのは、コンテンツ提供者が良いサービスコンテンツを作ることを拒否とまではいわないまでも、相当軽んじているように感じます。勝手サイトに期待していないのかな。。 まぁ、サイト作成者向けの情報が適宜事前に公開されることを期待しています。
 まずは「第3のID」であったということと「URL内にパラメタを記述」というところが、今回得られた大きな情報と言えるでしょう。



.